でこぼこ北京ブログ

北京、中国、日本の事。お得、便利、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

中国からVPNなしで契約出来るVPN

f:id:trvlr:20170119195840j:plain

皆様ご存知の通り、こちらは色々大人の事情がありますので

FacebookやらGmailやらがうまく繋がらないのです。

 

そこで必要なのがVPN(バーチャルプライベートネットワーク)と呼ばれるものです。これは簡単に言うと中国からインターネットに繋げるのではなく、別の場所を経由して例えば日本から接続しているように設定することによってブロックされているウェブサイトも中国国内から見られちゃうよ、というものです。

 

例えば私がVPNを通してインターネットに接続すると、ウェブサイト側では中国からの接続ではなく、日本からの接続として受け取られるのでFacebookTwitterも見られるという感じです。中国住みの外国人には必須ツールです。これがないと、私も行きていけません。

 

まずどのVPNが良いかですが、基本的にはお使いのネットやデバイスによって使い勝手が異なる場合もあると思うので、お試しでどんどん使ってみて、合うところを探せば良いと思います。

 

多くの場合、3日間無料とか、1週間で1USDなんてお試しが出来るところが多いです。後は〜日間返金保証というようなところも。

大体英語のウェブサイトも絵やスクリーンショット付きの説明で見て使い方が分かるようになっているところが多いので、お試しする際に使い方が分からないのでは、というような心配はいらないかなと思います。

 

以下は私判断ですが、選ぶ際のポイントとおすすめです。

サポートの言語

ほとんどの場合、サポートは日本語に対応してはいないのでそこらへんは必要な場合、ウェブ翻訳などなどを使ったりする必要があるかと。日本語でサポートしてくれるところもあるので、Googleで 「 日本語 VPN」で探せば出てくると思います。

 

ただ、今!使いたいという時にサポートが開いていないところはちょっと心許ないので、出来れば24時間ライブチャットに対応している、数時間以内に返信が来るというようなところが心強いと思います。そして日本人向けだけに作られているVPNの場合、その規模が違うからか、繋がりがイマイチというような事もあったりする事があるので、こちらもまずお試しして使ってみることをお薦めします。

 

ちなみにVPNが繋がらなくてサポート受けたくても、そのVPNのウェブサイト自体がVPNがないと繋がらないって事もありますのでここも注意点です。

 

VPNが繋がらない!って時のサポートへの連絡時、翻訳は百度でも可能です。

百度翻译

 

サーバーの場所

ほとんどの場合サーバーは一つの国ではなく、複数の国にありますが、個人的には日本にサーバーがあるところを選んだ方が使い勝手が良いと思います。日本以外からは見られないウェブサイトや動画を見たい時に役に立ちます。

 

ただ、日本だけにサーバーを置いているところよりも、選択肢は多い方がいいです。万が一、日本のサーバーに繋がりが悪くても他に接続できるからです。特に日本と中国間に問題が、、、なんて時に、繋がりにくくなったり、というリスクを回避するためです。

 

中国向けに対策がされているか

契約をしてみたVPN会社のいくつかは、中国向けには対策がされておらず、サポートに連絡をしても十分な対応を受けられないということがありました。

 

それらの会社のVPNアプリが中国ではブロックされてしまっているので、直接サーバーのIPアドレスを入力して接続したり、限られたタイプのVPNしか使えませんというようなところもありました。

 

またほとんどのVPNの会社のウェブサイトが中国内でブロックされているので、中国に来てからVPNを契約しようとしてもサイト自体に繋がらないという事態に。VPNを契約するのにVPN接続が必要というループにはまってしまいます。

 

同時に何台まで接続できるか

多くの場合、少なくとも2台(パソコンとスマホ同時に等)の同時接続を許可している場合が多いですが、1台だけというところもあります。

スマホは常時VPNに接続させておきたいな、というような場合にはこちらにご注意を。

 

接続スピード

これは実際に使ってみないと分からない部分がありますが、VPNを通すと格段にスピードが落ちてしまうという場合があるので、使ってみて確認が必要です。

 

私は事情があって、結構色々試しました。nord vpnAir VPN、VPNinja、Pure VPN、Astrill、ipvanish、VPN unlimited、Liquid VPN、月餅VPNVPN.ac、ホープムーン、12VPN等など

 

では、どこがお勧めか。私の結論を書きますと

お勧めは ExpressVPN

f:id:trvlr:20170110214728p:plain

です。私が試した中で使い始めるまでがとても簡単、VPNが一番繋がりやすい、サポートの対応が早いです。

 

最初のページ右上のところで日本語に出来ますが、中の方は日本語化が進んでいないのでウェブサイトを色々読みたいという場合は、結局は英語のページに行き着きます。比較的わかりやすい作りにはなっていると思います。

www.linkev.com

 

こちらを書いている時点で、このウェブサイトに中国からでもVPNに接続せず、アクセスできます。中国に着いてから、VPNが必要だと思い立った方は選択肢が少なくなるので、ここか、後はVPNinjaであれば、今のところ私が確認出来た限りでは接続できるようです。

 

1ヶ月契約で12.95USD、6ヶ月契約で一ヶ月9.99USD、12ヶ月契約で一ヶ月8.32USD

1ドル=100円としたら、最安一ヶ月830円くらいですね。

 

 30日間返金保証付きなので、契約をして30日以内であれば返金してくれます。 

契約方法

こちらからExpressVPNへ飛びます。

必要な場合には、画面右上で言語を変更可。

1 画面真ん中のExpressVPNを購入をクリック

f:id:trvlr:20170110215419j:plain

 

2 契約プランを選択 まずはお試しという場合には、1ヶ月だけのプラン選択も有りかと。期間が長いほうがお得になっています。

f:id:trvlr:20170110215520j:plain

 

3 メールアドレスの記入、および支払い方法の選択

f:id:trvlr:20170110215558j:plain

メアドは半角英数で、入力間違いをしないように注意を。

支払い方法について複数ありますが、支付宝は海外での決済と同じ扱いになっているようで、実名認証がされていないので使用できませんとのエラーが出ました(私の場合)。

 

4 支払い後、実際に使うデバイス用のシステムをダウンロード

左側でデバイスを選択

f:id:trvlr:20170110220049j:plain

上はWindowsの場合ですが、右のDownloadをクリックするとWindows用のVPNシステムがダウンロードされます。その後、左上の方にあるActivation code(アクティベーションコード)を入力してこのシステムを有効化(アクティベート)します。

 

アクティベーションコードは後から確認する事もできますが、この画面でコピーしておけばダウンロード後スムーズに有効化できます。

 

5 アクティベーション

f:id:trvlr:20170110220340j:plain

インストール後、こんな画面が出てきますのでここで先ほどのコードを入力します。

 

6 成功

f:id:trvlr:20170110220446j:plain

Success の文字が出たら成功!

 

使い方

使い方はとても簡単。ExpressVPNのアプリを起動します。

f:id:trvlr:20170115203433j:plain

そしてこのスイッチのようなボタンを押すだけです。

ここでは香港が選択されていますが、その他の場所に接続も可能。

 

場所を選択と書いてあるところをクリックすると、右側にリストが表示されます。

おすすめはExrepssVPNのおすすめの場所、

お気に入りは自分で☆マークにチェックを入れた場所が表示されます。

f:id:trvlr:20170115203930j:plain

 SMART LocationはExpress VPN側で一番良いと思われるところを接続元から確認して推薦してくれます。

 

なぜか私はSMART locationでは接続が遅めになってしまう場所が選択される事があったため、いくつかの場所を選択、接続してみて一番早いところに接続しています。

 

場所を選択する場合には、出来るだけ自分のいるところから近いところ、例えば香港、台湾、日本等が良いそうです。

 

尚、初期設定では契約は自動更新になっているので

自動更新を取り消ししたい場合にはこちらよりExpressVPNのウェブサイトへ行き

右上の方にあるMy account(マイアカウント) へ、ログインをして

画面左上、My subscription下、画面 Auto renewalを確認します。

 

ここが ONとなっていれば更新が有効なので、Manage subscriptionをクリック

f:id:trvlr:20170115205859j:plain

 

Turn off automatic renewalをクリック

 

f:id:trvlr:20170115205952j:plain

 

もう一度 Turn off auctomatic renewalをクリック

f:id:trvlr:20170115210051j:plain

 

そしてもう一度!

f:id:trvlr:20170115210124j:plain

 

自動更新が停止になっていると、その後My subscriptionsの画面上に赤字で使い続ける場合には、いつまでに支払いが必要という表示と、Automatic renewal部分に OFFの文字が表示されます。

f:id:trvlr:20170115210154j:plain

 

英語ですがWindows版のアプリインストール方法はこちらに。動画もあります。

www.expressvpn.com

Macはこちら。

www.expressvpn.com

アンドロイド

www.expressvpn.com

iPhoneiPad

www.expressvpn.com

 

Google Playに接続出来ない場合にはAmazon.comからも無料でダウンロード可能です。

www.amazon.com

 

返金についてはウェブサイト上のコンタクトフォームやライブチャット上でリクエスト可能なようです。(私は現在も使用しているので返金はまだしたことがないのですが)

www.expressvpn.com

 

「I would like to cancel my subscription and get a refund please」サブスクリプションを停止して、返金をお願いします(30日以内の場合) というような内容でお願いすれば問題ないかと。登録メールアドレスについて聞かれる場合もあると思うので、そちらもどのメールアドレスであったか事前に確認を忘れずに。

エクスプレスVPNを勧める理由
  • 現在、VPNなしでもウェブサイトに接続出来る!
  • 使い始めるまでがとても簡単
  • 接続が安定しており、繋がりやすい
  • 日本を含む87カ国にサーバーあり
  • 1つの契約で3台(パソコン、スマホ等)同時に接続可
  • 英語ではあるが24時間サポートが営業中
  • 契約から30日以内なら返金保証 (例えば3週間使ってみて、合わないと思ったら返金申請も可)

まとめ

分からないことがあれば、こちらからExpress VPNのウェブサイトに接続して、右下のチャットで助けを求めることも可能です。

 

パソコンからよりもスマホからの方が繋がりが全体的に悪い事が多いVPNが多いのですが、Express VPNのアプリはスマホからも繋がりが良いです。

 

動画も他VPNに比べて夜でも再生がスムーズです。たまに止まってしまうことがありますが、少し一時停止しておくか、サーバーを変えてみると問題なくみられています。 

 

色々他のVPNを試してからこのエクスプレスVPNに行き着いたのですが、アプリのインストールから使用までがすごく簡単で、あっけなく感じでしまう位でした。他VPNと比べて断然使いやすくなっていると思います。

 

ちなみに、Kill Switchという機能があって、この機能、VPNが途中で切断したり、繋がる途中の場合には安全のためにネットをブロックします。そのためVPNが必要ないという場合にはエクスプレスVPNを停止、そして閉じてから接続をしないとネットに繋がらない!なんてことも。(なかなか気づけなかったのは私だけかもですが)この機能はオフにもできます。

 

その他に私が知っているまだブロックされていないVPNのサイトは

VPNinja | Damn The Man. Surf the ENTIRE Internet! もあります。