でこぼこ北京

でこぼこ北京ブログ

旅行、お得な事、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

JAL: 成田ー台北ー名古屋 ビジネスクラス搭乗記(JL805、JL822)ベジミール

今回の無駄な旅程はこちらから。

KLIA Ekspresで空港へ、JAL ビジネスクラスで行くクアラルンプールー成田ー台北ー名古屋の旅 序章 - でこぼこ北京ブログ

 

クアラルンプール空港 KLIA 国際線 サテライト:プラザプレミアムラウンジとマレーシア航空ゴールデンラウンジ - でこぼこ北京ブログ

 

JAL :クアラルンプールー成田 ビジネスクラス 搭乗記(KUL-NRT JL724) ベジミール - でこぼこ北京ブログ

 

 

クアラルンプールから成田へ到着、そして一旦入国しました。

空港から荷物を送る

日本へ帰国する際にはいつも大きめのスーツケースを持って帰って来るため、今回もプーケットでは全く必要なかったのですがスーツケースを持っていました。

 

そのため、クアラルンプールから成田へ到着後、一旦外へ出て、SPGアメックスの特典である宅配荷物1つ無料を使用し、実家へまず送りました。使える特典は使っておかないと。

f:id:trvlr:20170716200508j:plain

https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/travel_delivery.shtml

 

いやー、宅配って便利だな。

 

VISAのゴールド、マスターカードのゴールド、JCBカードのゴールド以上等々を持っている方も安く成田、羽田、中部、関空などから宅配できます。それぞれのカードで海外決済したレシートが必要です。

 

VISAは今〜9月末まで1個目は100円!だそうです。

www.visa-news.jp

 

マスターカードは500円

国際線手荷物優待サービス | Mastercard® T&E Savings | Mastercard® 法人カード | Mastercard 

個人カードもゴールド以上なら利用出来るんですがリンクがマスターカードゴールドを持っていないと見られない内容になってます。

Mastercardプロモーション | Mastercard®Taste of Premium®

 

JCBも500円。

campaign.jcb.jp

 

ちなみに、役立つかは別ですが、JCBゴールド以上の方は中国国内線のラウンジが使える特典もあったり。

campaign.jcb.jp

そして再度出国

身軽になって、荷物検査を通り、自動化ゲートでささっとまた出国を。

trvlr.hatenablog.com 

ちなみに今回、最終目的地の中部国際空港に到着して税関にて、今日はどちらからいらしたんですかと聞かれ、

 

プーケットからクアラルンプールに行って、そこから成田へ、そして台北往復しました。特典航空券で安く取れたので」とあまり寝てなくてハイになってたからか、余計な情報を言ってしまったら、お住いはと聞かれたので

 

「北京です」

 

と答えた所、怪しいと思われたのかリュックの中身を開けてくださいと言われました。リュック一つしか持ってないのも更に怪しいと思われたか。。。

 

結局中は服位しか入ってなくて、無事入国致しましたが。

 

日本で荷物開けてくださいって言われたの、これが初めてかもです。覚えている限りで。

成田ー台北 JL805便/台北セントレアJL822便

シート

乗れるだけで有り難いのですが、シートとしては至って普通のスカイラックスシート。ちょっと疲れている感はありますね。やはり。

f:id:trvlr:20170716201201j:plain

JALスカイラックスシート(シート) - JAL国際線

 

ラクト・オボ・ベジタリアン ミール

成田ー台北

どちらの便もスナックにあられとドライ納豆付き。納豆好きです。

f:id:trvlr:20170724182628j:plain

f:id:trvlr:20170724181707j:plain

普通の機内食と違って、メニューは配られず、またこれがこれですという案内もないので、メニュー名はよく分からないんです。聞けば教えて頂けるのかもですが。

 

普通のメニューはこんな感じでした。

f:id:trvlr:20170724182507j:plain

 

台北ー名古屋

f:id:trvlr:20170724181853j:plain

名古屋行きの便は疲れ切ってて普通メニューは写しておらず。

 

成田ー台北台北ー中部どちらもハーゲンダッツが出ていて、でもラクト・オボ・ベジタリアンミールには付いてこず。ただ、成田ー台北間ではアテンダントの方が〜様、よろしければ召し上がりますか?との事だったので、喜んで頂きました。

f:id:trvlr:20170724182817j:plain

ハーゲンダッツはラクト・オボ・ベジタリアンだと問題ないと思ってたんですが、厳しく見るとだめなのか?いや、でも材料的には何も入ってなさそうなので、やっぱり大丈夫と思うんですが。

 

そして、ハーゲンダッツは乳製品が入ってないアイスクリームをアメリカで出したそうですよ。ターゲットで買える模様。乳製品入ってないアイスって?と思ったんですが。そんなのも可能なんですね。

vegnews.com

 The Peanut Butter Chocolate Fudge flavor is made from ingredients including corn syrup, sugar, and peanuts and is soy-, almond-, and cashew-free. Coconut Caramel is made primarily with coconut cream and sugar; Chocolate Salted Fudge Truffle is made with a Belgian chocolate base and contains soy; and the Mocha Chocolate Cookie flavor is made with the same nut-free chocolate base and contains wheat (the other flavors are gluten-free).

ピーナツバターチョコレート味は主にコーンシロップ、砂糖、ピーナツ、ココナッツキャラメル味は主にココナッツクリームと砂糖、チョコレートソルテッドファッジトリュフ味はベルギーチョコベースで、大豆が入ってて、モカチョコレートクッキー味はチョコと小麦で出来ているそうです。

 

ちょっと食べてみたいです。

サービスについて

成田ー台北台北ー中部、4人いらしたと思うのですが、両方の便、全て同じアテンダントの方でした。そして、皆様40代以上のベテランの方のようでした。ANAではなかなかチーフパーサーの方以外に2−30代以上の方を見かけない気がするのでJALでは結構いらっしゃるのでしょうか。

 

チーフパーサーの方、その便に馴染みのお客様がいらしたようで、そのご夫婦と歓談されていました。無駄に飛んでる私にも色々話しかけてくださって、ベテランの風格というか接点を持とうとしてくださる感じが好印象でした。

 

でも国内線のプレミアムクラスに乗った際はANAのアテンドの方も、同じようにサービスが良い印象だったので全体的に国際線ビジネスクラス中長距離より国内線プレミアムクラスなど、近距離の方がサービスが良い、んでしょうか。

まとめ

食事はやっぱりJALが良いです。日本人だから私の舌により合うのかと思いますが、キャセイのラクト・オボ・ベジタリアンより美味しかったです。

 

JALの普通の機内食(特別食ではない)は更に美味しいのではないかと思われます。別にわざわざベジタリアンミールを食べる必要はないですが、食事制限がある方であればJALは今回3便乗って全て食事が違っていたし、美味しかったのでお薦めです!