でこぼこ北京ブログ

北京、中国、日本の事。お得、便利、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

2017年 混んでないはずなのにマイナンバー/個人番号が届かない!そんな時の対応方法

f:id:trvlr:20170728200317j:plain

マイナンバー

日本にお住まいの皆様は、こんな話題もうとっくに終わっているよ、というところですが。。。

 

マイナンバー、始まっていますが特に海外在住者の扱いについてこれから実際にどのようになっていくか全く分からないです。(もしや私だけ?)銀行の全口座保有者が2018年までにマイナンバーを個々の銀行に申請するのか怪しいところではないかなと思いますが。

 

www.lifehacker.jp

 

海外送金についても海外在住者だから出来なくなるということはないなんて話もありますが、現時点でも例えば海外送金を行う際、または受け取る際にはマイナンバーが必要な場合があるようです。銀行によって対応が異なるようで、それも良いのか悪いのかよく分かりませんが。

 

itpro.nikkeibp.co.jp

 

 内閣府番号制度担当室と金融庁総務企画局政策課は2016年2月22日、海外に住む国内非居住者がマイナンバー(個人番号)を持たないことのみを理由に、金融機関が国内の預貯金口座への送金や、送金された金銭の払い出しを拒否することはないと異例の公表をした。

 ただし、国内に住んでいた人が海外に転居して国内に送金する場合、金融機関に対して住所が海外にあることを正式に届け出る必要がある。また、金融機関がもともと国内居住者向けに限定しているサービスは利用できない。

後半が重要な感じです。

 

私の場合、日本に帰る際には健康保険を使用したいこともあり、住民票を入れるので今回私にもマイナンバーが付番されました。(自治体によって対応が違うようで短めの帰国の場合住民票を入れて貰えないということもあるようですが)

 

海外在住していても、住民票はそのままという方は付番されますが、住民票を抜いている場合には付番されないです。

 

海外に住む日本人で銀行口座持っていない人なんていないんでは、と思いますが2018年までに銀行にはマイナンバー(具体的には通知カード、またはマイナンバーが表示されている住民票をアップロード/郵送する事が多いよう)を連絡しなくてはいけないそうです(が、その後はどうなるのかよく分からず)

 

kaigaisokin.seesaa.net

こちらのサイトがマイナンバーと海外送金、海外在住者について詳しく書かれていました。

非居住者用の銀行口座

非居住者用の銀行口座もあったりしますが、やっぱり利用について制限があるので不便なところも。

 

その中ではソニー銀行がまだ良さげな内容と思います。

moneykit.net

  • 円預金
  • 外貨預金
  • 振込
  • 国内他行からの振込金、国内外からの外貨送金受取

が出来ます。

ただ振込の場合

テレホンバンキング・モバイルバンキングでのお振り込みはご利用になれません。

私が確認した◯年前は振込はネットバンキングでは出来なくなり、FAXで振込するということであったんですが、今はその記載はないようですがモバイルバンキング、テレフォンバンキングは出来ないという記載はあり。変わったのかな?

 

おいおい銀行についてもまとめて書こうと思っています。

 

マイナンバー/通知カードが届かない

他のブログなどで通知カードは約1ヶ月で届くと書いてあったので、その程度かなと私も思っていました。

 

が、3ヶ月経っても、なぜか届かず。。。その一ヶ月前位に母が役所に電話して聞いてくれたんですが、その際も「どうにもならない」「とりあえず待ってください」とのこと。

 

国民全員に一斉付番されていた頃はなかなか届かないなんてニュースを見たりしていましたが、2017年に3ヶ月もかかるなんてありえないと思い、役所の戸籍係に電話しました。

 

「もう3ヶ月も届いていないんですが、どうしたらいいでしょうか」

「いやー、待って頂くしかないですね」

「でも通常だと1ヶ月程で届くということを見たんですが3ヶ月はちょっと長すぎる気がするんですが、どうにもならないんでしょうか」

「そうですね、待って頂くしかないですね。マイナンバー自体は付番されていますので住民票を申請頂ければ番号は確認頂けます」

 

うちの実家はほんとに田舎で出入りする人が少ないんだと思いますが、いまいち積極的に調べては頂けない感じで、電話終了。

そんな時は:

www.kojinbango-card.go.jp

 

ここは

地方公共団体情報システム機構地方公共団体情報システム機構(J-LIS)とは、都道府県・市区町村が共同して運営する組織です。

ということです。

マイナンバーカードについては結構時間がかかるようなので、現在もマイナンバーカードについては問い合わせが結構あるのかもですね。

 

この問い合わせ先に電話してみました。

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178

 

マイナンバー(通知カード)が3ヶ月程届かず、 役所に電話しても待つしかないと言われたと伝えました。そうしたところ「通常は届かない場合には役所で調査してもらえるんですけどね!」と言われつつ、調べて頂けることに。

 

その約1時間後に先程電話した役所から電話がかかってきました。

 

「申し訳ありません。当方で確認しましたところ、今週はちょっと確認出来ないのですが、来週に何か分かるかもしれないということで。回答お待ち頂けますでしょうか」

 

その前にどうにもならないという回答だった同じ役所の方からでした。「来週に何か起きるかも、乞うご期待!」的な微妙な回答ではありましたが、まぁ何か、私個人で頼んでもどうにもならないけど、他から言われるとすぐ動いてくれるのね、という感じで。

 

田舎なのでその調査方法自体が分からなかったのか?とも思いましたが、マニュアルとか配布されてないのかな?とも思うところで。

結果

どうも役所の係りの方が通知カードの申請をした際に、何かがうまくいってなかったのか、実際全く申請出来てなかったのか、通知カード発行の申請自体されていなかったそうで。

 

「本日、申請を再度させて頂きました」との事で、ここから約2週間程で届きました。

 

田舎の役所だったからこんな対応だったのかも、と思いますが万が一届かないなー、役所に連絡しても全然調査してもらえないなという方がいましたら、一度↑に問い合わせてみた方がいいかもです。

 

ちなみにマイナンバーカード、通知カード共に再度海外に転出する際に返納する必要があります。その後、海外転出したという事が記載されて返されるようです。

 

でもそれより、海外在住者はマイナンバーについてどのように対応すれば良いのか政府として指針を出して貰いたいです。