でこぼこ北京ブログ

北京、中国、日本の事。お得、便利、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

JAL :クアラルンプールー成田 ビジネスクラス 搭乗記(KUL-NRT JL724) ベジミール

クアラルンプール国際空港から出発

クアラルンプールは出国後、なぜかゲート前でも再度荷物検査があって、飲み物持ち込み出来ない感じ。そして、そのゲート前で手持ち無沙汰で待つ感じです。

 

平日夜便にも関わらず混み合っていました。

JAL ビジネスクラス クアラルンプールー成田 JL724

f:id:trvlr:20170711220258j:plain

JAL SKY SUITE(シート) - JAL国際線

 

最新のシートではないんですが、それでもフルフラットとなるシートに乗るのが初めてだったのでかなり興奮してました。でも、やはり乗るのが深夜だったので十分に堪能したとは言い難い感じでした。

 

ボーイング787−9です。航空機コレクション - JAL

 

やはり、ビジネスクラスを楽しむには昼間便が良いんだろうな、と。

 

機内の照明の関係からちょっと赤っぽく写ってます。

f:id:trvlr:20170711220610j:plain

 

自分でもほんとなぜか分からないが、いつもブレている写真ですません。ノイズキャンセリングヘッドホン、スリッパ、そしてアメニティグッズの入った袋。

f:id:trvlr:20170714195520j:plain

 

マスク、アイマスク、イヤープラグ、歯ブラシ入。

f:id:trvlr:20170714195621j:plain

 

f:id:trvlr:20170711220655j:plain

 

ちょっと狭いんですが、一応窓側も通路側の席を通らずに通路に出られるようになっているので、夜のフライトでは便利。

f:id:trvlr:20170711220748j:plain

 

ちょっと見づらいんですが、この通路は体を捻じ曲げて入る感じで、余裕でスルスルな感じではなかったです。ただ私がちょっと小太りだって噂もありますが。。。いや、細い人でもたぶんそうなはず。

f:id:trvlr:20170714194821j:plain

 

離着陸時はこの間のところを下ろしている必要がありますが、目は合わないようになっているので特に気まずさはなかったです。 

f:id:trvlr:20170714195048j:plain

 

JALビジネスクラスのラクト・オボ・ベジタリアンミール 

深夜のスナック

この頃には照明が寝る時間帯向けなので青な感じ。

 

深夜なので軽めの食事。お腹空いてはいなかったんですが食いしん坊なためどうも出して貰うとと食べてしまいます。野菜のサンドイッチと豆腐のサテ風?。

サテ - Wikipedia

 

ベジタリアン対応のおかきとフリーズドライ納豆付き。この組み合わせは今回乗った全てのJAL便で同じでした。

f:id:trvlr:20170714195134j:plain

 

サテ風意外と美味しかったです。豆腐好きなので。

f:id:trvlr:20170714195218j:plain

朝食

果物好きとしては、ブルーベリーとストロベリーがあるのがポイント高いです。

 

ただ、ヨーグルトはプレーンで甘くなくて、砂糖とか蜂蜜もなく、酸っぱすぎて食べきれず。これにフルーツ入れれば良かったのかな。

f:id:trvlr:20170714201331j:plain

機内サービス

深夜便だったこともあって、サービスというサービスも特になかったのですがマレーシア人?のアテンダントの方が付いてくれました。日本語も話せる方のようだったです。離陸前に朝食の際に起こして貰うか、のチェックがあり、私は起こしてくださいと言いましたが、結局よく眠れなかったので起こして頂くまでもなく。

 

また軽食後、すぐに暗くなってお休みの時間となるので、特に何かサービスを受けることもなく。

 

私は基本的にアテンダントの人を呼び出すよりも、何か欲しい時に、通りがかったら何かお願いしたいなという派なんですが、深夜便だからかあまり巡回的な感じもされておらず、通り掛かるということがなく。

 

そのためシートのボタンでお茶をお願いして持って来てもらいました。その後飲み終わった後も、グラスがしばらくそのままな感じだったので、サービス的にきめ細かいという印象はなかったです。特にシートの作りでお客さんの動向が見づらいというところもあるのだとは思いますが。

 

また、寝ているところを邪魔されるのが嫌な方もいるので、あまり細かく接客していないのかなとも思います。

 

まとめ 

ANA好きなのですが、ビジネスクラスのラクト・オボ・ベジタリアン機内食だけで見るとJALの圧勝です。

 

ANAはなんというか、やっつけ仕事的なベジタリアンミールなんですよね。。。そこが残念。主食もエコノミーと同じで、その他サラダとマリネがある、というような。ベジタリアンじゃない人が考えるベジタリアンミールな印象。

 

ラクト・オボ・ベジタリアンを注文する人自体が少ないのかなと思うのですが少なくともJALのレベルまでANAも上げて貰えればな、と思うところです。そして、おかきもJALベジタリアン対応の物を全ての人に配っていたようなので、その方が効率良いのでは?と思ったり。あくまで個人的意見ですが。

 

これからもANAに乗る予定なので、食事も更に美味しくなると嬉しいなと思います。

 

接客については、シートの作りと後は時間帯にも寄るのかなと思いますが、ANAJALどちらも同じ感じでした。

 

ANAビジネスクラスもクアラルンプールー成田間で以前一度乗ったのですが、手厚い印象も特になく。その際、私が一番後ろの席だったのもあるのですが、皆さん、ギャレーに集まって、台に肘を置いて寄りかかってかなり賑やかに日本語でお話しされていて、こちらが映画をヘッドフォンで観ていてもその声が響く感じで、ちょっとびっくりしました。こちらがトイレに立って、その横を通った時にもその姿勢を崩さず、いまいち避けて貰えなかったことにもちょっとびっくり。

 

別に話すこと自体は全く問題ないんですが、映画を観てるのに聞こえる程の話し声はもうちょっと気遣ってほしいかなと思った次第。日本のアテンダントさんは静かだっていう先入観みたいなものが私にあったのかもですが。

 

今回のJAL便はアテンダントさんの姿自体を全く見かけることがなく、静かではありましたが何かついでに頼むってことが出来なかったな、と。

 

とは言いつつ、ビジネスクラスに乗れる事自体有り難い事だし、大きな問題があったわけではございません。

 

でも昼便がどちらもある前提であればJALの方がANAより良いかな。やはり食事の面で、という感じです。ANAにはもうちょっと頑張って欲しいです。