でこぼこ北京ブログ

北京、中国、日本の事。お得、便利、そしてくだらない事を気ままに書いてます。食べることが大好きですが、グルメではありません。

中国で偽ビールの工場摘発、偽物の見分け方

f:id:trvlr:20170603142523j:plain

偽ビール

私はビール飲まないので個人的に関係ないと言えば関係ないんですが中国の広東省で偽バドワイザーの工場が摘発されたそうです。偽◯◯工場の摘発ってのは結構良く聞くので特に驚くことでもないんですが、夫がビール好きなので何となく気になった話題でした。

 

shanghaiist.com

www.youtube.com

 

こちらはVPNなしで可

news.mingpao.com

 

動画を見ると缶の上部分が開いたものに、プラスチックのケースに入ったビール(と思われるもの)を入れて、それを機械で蓋しているようです。こういうニュースたまに出てますけど、儲かるんでしょうか。

 

なぜこれが撮影されてたのかもよく分からないですが。摘発された後に参考までに作り方の方法を見せたとか?

 

バドワイザーの330MLは一缶5−6元で売ってますが(6元=100円位)、大量に作れば結構利益が出るんでしょうか。元手はかかっていないと思うし。ただ、その偽ビールはどうやって作ったのか気になります。

 

バーやナイトクラブに卸してたとか書いてましたが、お客さんは誰も味の違いに気づかなかったんだろうか。もしくはバーも知ってて卸してたのかもですが。安く仕入れられるから儲かる、というような。または、すごい良く作られた偽ビールで味も非常に似てたとか?継続して同じ場所に卸すならあんまり味がひどい物作れないですよね。

 本物かどうか判断するポイント

中国はかなり多くの偽アルコールが出回ってると聞きますが、結局どうやって買う前に本物かどうか判断できるのかよく分からず。

 

www.timeoutshanghai.com

タイムアウト上海によると本物か判断するポイントは:

Check unfamiliar brand names online If you’re unsure about a particular brand of alcohol, research it on the web, or stick to ones you know.

Check the serial number Bottles like Johnnie Walker Black come with serial numbers, often on the cap. If it’s not there when you know it should be, it’s a fake.

Check the bottle A number of quality alcohol brands have very particular specifications for their bottles, like special etching marks above the label. Details can be found online. You should also look for signs of tampering around the bung and, on vintage bottles, the importer’s name and mark.

Trust your taste buds Wine should taste round, if it doesn’t it’s probably been fabricated. Remember the old adage: if it’s too good to be true, then it probably isn’t.

 

見たこと、聞いたことがないブランドはネットで調べる。もしくは知っているブランドの物を買う。

 

シリアルナンバーを確認する。ジョニーウォーカーブラック等はシリアルナンバーがキャップのところに付いているそうです。これがない場合には偽物の確率が高いと。(ただシリアルナンバーの偽物を作って貼っている場合もあると思いますが)

 

ボトルを確認する。有名なブランドの場合、ボトルに彫り込みがあったり、その特徴についてネットで調べることが出来る。栓周りに何か細工がしてないか、ビンテージものの場合には輸入者のマークや名前も確認

 

自分の味覚を信じる。良い話には大体裏がありますからね。あまりに安い値段で売ってるなんてことがあったらまずは疑ってみるべきかも。また飲んでみて、ん?と思ったらお金が勿体なくてもそこで止めるべきかと。

 

あとはまぁあまり信用しすぎるのも良くないとは思いますが、ある程度信用のあるお店から買うってのも一つだと思います。道端の全く知らない小さなお店から買うよりは輸入食品を多く扱っているジェニーの方が多少安心かなと。ただ、これもまた100%信用は出来ないと思います。知らないで売ってるお店もあるかもしれませんしね。 

 

お酒については、ビール以外に高めの物についてはとりあえず北京に帰る前に日本や海外で買うか、空港で買うというのが一番確実なのかなと思います。

 

夫が飲んでるビールも偽物な物があるのかもなーと思いを巡らせつつ、また北京脱出したい病にかかっている今日この頃の私です。