読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でこぼこ北京ブログ

北京、中国、日本の事。お得、便利、そしてくだらない事を気ままに書いてます。

キャセイ:北京―チェンマイ エコノミー 3万2千円、そしてキャセイが苦戦中

f:id:trvlr:20170323192426j:plain

 

北京〜タイの北部のチェンマイキャセイパシフィック/ドラゴン航空、エコノミー往復で3万2千円程です。

今から6月あたりまで予約可能なようです。

日付例:

https://www.kayak.co.jp/flights/PEK-CNX/2017-06-07-flexible/2017-06-15-flexible

検索してみたところ、運賃クラスがQなようなので、JALには加算出来ず。

ブリティッシュエアウェイズであれば、25%加算にはなりそうです。

www.britishairways.com

もしくはアジア・マイルあたりか。

アジア・マイル - マイルをためる > 航空会社 - Cathay Pacific Airways

キャセイパシフィック航空の苦難

キャセイパシフィック航空、現在中国大陸のエアラインに押されて結構苦戦しているようです。中国大陸からアメリカやヨーロッパに行く際に、香港を経由しては行かず、中国大陸から直接それらの都市に行く路線がどんどん拡大している事も一因と。

headlines.yahoo.co.jp

 

この記事、グラフになっていて分かりやすかったです。VPN

www.bloomberg.com

キャセイパシフィックは飛行機の座席利用率はかなり高く、84.5%、その他の大手航空会社と比べてもデルタとKLMのみがキャセイよりも高いのみで、ANA(69.3%)、JAL(74.1%)、ユナイテッド(82.9%)等など他と比べて満席率は高いとの事。

でも、それならなぜキャセイは苦戦しているのかと思うのですが、記事によるとキャセイは実際のコストよりも安い値段でチケットを売っているそう。その結果、赤字となっていると。この状況でキャセイが利益を出すには、124%座席を埋めなければいけない=満席以上にしないといけないという結果に。

キャセイの場合にはオペレーティングコストが競合他社よりも高いそうで、また大陸の航空会社の航空券が安いので、それらと競争するために価格も上げられない状態。

個人的には大陸系の航空会社はやっぱりサービスがいまいちなのでキャセイには頑張って貰いたいですが、中国発の安いキャセイの航空券が見つかるのもこういった事が一因なのかも。

trvlr.hatenablog.com

trvlr.hatenablog.com